バナースタンドの活用

バナースタンドの有効性

オフライン広告は行き交う人々の関心を引き付けるようなものである必要がある。視認性とその広告自体のセンスが求められるのは言うまでもない。広告自体のセンスはクリエイターに任せるとして、視認性は小さなことのようで案外難しい問題である。オフライン広告の難しいところは、画面という区画にはりだすのではなく人々の視点を意識して広告を貼りださなければいけないということである。人々にとって視線の向きは若干見下すような感じであることが望ましく、それを前提に話をすすめていきたい。見下すような視線であることが一番楽であり、楽であるということは自然とその広告自体に好印象をいだくという効果が期待できるのである。バナースタンドではそれが期待できる。つまりはバナースタンドとはそういうことである。

使うことの良さについて

バナースタンドを用いることの利点として、移動が可能であるということが大きい。広告は一度貼りだしてもその後に貼り付ける場所を変えればよかったと気づかされる場合も多い。一度貼ってみないとわからないということもあるのだ。仮にもし広告を壁に貼り付けてしまっていては移動も困難であり、テープ跡が壁に残ってしまうというなんとも悲惨な結果に終わってしまうのある。そのような事態をバナースタンドであれば解決することができるのである。まず移動が可能であり、壁にテープ跡を残すこともない。視線も見下すような感じで大丈夫でありまさに広告としてはベストなツールであるということは言うまでもなかったか。長々と解説したがバナースタンドとはいわば神の道具である。